Event

過去のイベント

Bruno Solnik教授 特別連続講義「グローバル・インベストメント」

東京大学金融教育研究センターでは、フランスの名門グランゼコールであるHEC(アッシュ・ウ・セ)経営大学院との研究教育交流協定の一環として、昨年度に引き続きBruno Solnik教授を客員教授にお招きして特別連続講義を開催することになりました。「グローバル・インベストメント」(全6講)を下記の要領で企画し、日頃当センターの活動にご協力いただいている皆様をご招待致します。参加のお申し込みは電子メール <e-mail: carf-info[at mark]e.u-tokyo.ac.jp > にてお願いします。
Solnik教授は国際投資理論の第一人者で、International Investments(邦訳書「国際証券投資」)の著者としてもあまりにも有名な研究者です。2005年にはフランス国民栄誉賞を受賞されています。

講師

Bruno Solnik教授
( 当センター客員教授、HECスクール・オブ・マネジメント教授 )

会場

東京大学経済学研究科棟 地下1階 第1教室

講義日程

第1講、第2講 4月 9日(水) 午後3時から5時10分まで
第3講、第4講 4月 16日(水) 午後3時から5時10分まで
第5講、第6講 4月 23日(水 午後3時から5時10分まで

参加費

無料

Bruno Solnik教授略歴

MITでPh.D.を取得後、Stanford Business Schoolを経て現在はHECスクール・オブ・マネジメントでファイナンス教授を務める。ヨーロッパ・ファイナンス学会元会長。Graham & Dodd Award、Finance Award of the Year、Nicholas Molodovsky Awardをはじめとして数多くの賞を受賞し、2005年にフランス大統領より国民栄誉賞(Legion d’honneur)を受賞する。