Event

過去のイベント

金融センター・ワークショップ:2012年開催履歴

Consumption-based Asset Pricing with Loss Aversion

開催日 2012年12月13日(木)16:40-18:20
開催場所 東京大学大学院経済学研究科 学術交流棟(小島ホール)1階 第1セミナー室
報告者 Marianne Andries氏(Toulouse School of Economics)
共催 農林中央金庫寄付講座
Macroworkshop
UTIPE Distinguished Research Seminar Series funded by Global 30
要約 I incorporate loss aversion in a consumption-based asset pricing model with recursive preferences and solve for asset prices in closed-form. I find loss aversion increases expected returns substantially relative to the standard recursive utility model. This feature of my model improves the ability to match moments on asset prices. Further, I find loss aversion induces important nonlinearities into the expected excess returns as a function of the exposure to the consumption shocks. In particular, the elasticities of expected returns with respect to the exposure to the consumption shocks are greater for assets with smaller exposures to the shocks, thus generating interesting predictions for the cross-section of returns. I provide empirical evidence supporting this outcome. The model with loss aversion correctly predicts both a negative premium for skewness and a security market line, the excess returns as a function of the exposure to market risk, flatter than the CAPM.

順位依存型の株式市場モデルとポートフォリオ

開催日 2012年9月21日(金)16:40-18:20
開催場所 東京大学大学院経済学研究科 学術交流棟(小島ホール)2階 小島コンファレンスルーム
報告者 一場智之氏(University of California Santa Barbara)
共催 農林中央金庫寄付講座
応用統計ワークショップ共催
要約 株式市場において個別企業に投資される資本の大小の順位と市場全体にしめるその割合を両側対数で表した対数資本曲線は長期的に安定していることが観察されている。その対数資本曲線を説明するモデルの一つとして順位依存モデルを考える。モデル分析のために不連続な係数を持つ確率微分方程式の解の性質を調べ、局所時間過程や反射壁のあるブラウン運動のエルゴード理論を応用する。
さらに時間反転性や輸送-情報不等式を用いて、順位依存モデルにおける長期的なポートフォリオの振る舞いを分析する。