Event

過去のイベント

フィンテック研究フォーラム公開シンポジウム『デジタル通貨と決済システムの未来』

3月に予定していながら延期となっておりました、フィンテック研究フォーラム公開シンポジウム『デジタル通貨と決済システムの未来』を、7月22日午後に、ZOOMを用いてオンラインで開催いたしました。

当日の様子を記録した動画を公開いたしましたので、以下よりご覧ください。
※ 鳩貝淳一郎氏(CARF特任研究員)の発表動画は諸般の事情により非公開となっております。ご了承ください。

開会挨拶 | 渡辺努(東京大学大学院経済学研究科長)

講演 | 副島豊(日本銀行FinTechセンター長) 「決済インフラの未来と中銀デジタル通貨」

講演 | 柳川範之(東京大学大学院経済学研究科教授) 「中銀デジタル通貨と決済システムの論点」

講演 | 岩下直行(京都大学公共政策大学院教授) 「デジタル通貨を巡る論争を読み解く」

講演 | 松尾元信(金融庁総合政策局政策立案総括審議官)「コロナ下の金融庁デジタライゼーション戦略」

パネルディスカッション

開催日時

2020年7月22日(水) 13:30-18:00

主催

東京大学金融教育研究センター・フィンテック研究フォーラム

プログラム

13:30-13:40
開会挨拶
渡辺努(東京大学大学院経済学研究科長)
13:40-14:10
講演
副島豊(日本銀行FinTechセンター長)
「決済インフラの未来と中銀デジタル通貨」
14:10-14:40
講演
柳川範之
(東京大学大学院経済学研究科教授・フィンテック研究 フォー ラム代表)
「中銀デジタル通貨と決済システムの論点」
14:40-15:10
講演
岩下直行(京都大学公共政策大学院教授)
「デジタル通貨を巡る論争を読み解く」
15:10-15:30 休憩
15:30-16:00
講演
鳩貝淳一郎(CARF特任研究員)
「物々交換のアップデート」
16:00-16:30
講演
松尾元信(金融庁総合政策局政策立案総括審議官)
「コロナ下の金融庁デジタライゼーション戦略」
16:40-18:00
パネルディスカッション
パネリスト:
植田健一(東京大学大学院研究科准教授)
翁百合(日本総合研究所理事長)
副島豊(日本銀行FinTechセンター長)
松尾元信(金融庁総合政策局政策立案総括審議官)

モデレーター:
柳川範之(東京大学大学院経済学研究科教授・フィンテック 研究フォーラム代表)

参加費

無料

お申込み

ご視聴ご希望の方は、以下からご登録頂ければ幸いです。
参加定員が500名のため、甚だ勝手ながら先着順での受付とさせて頂きます。

(7.22更新:受付終了)