東京大学金融教育研究センター
Japanese
English
Center for Advanced Research in Finance
お問い合わせ
サイトマップ
サイト検索
CARFホーム
センター紹介
ファカルティ
ワーキングペーパー
リサーチ
世界からのメッセージ
アクセス・マップ
リンク集
センター紹介
特色
当センターは次のような特色を持っています。
  • 経済学のディシプリンを重視した研究の推進
      CARFの研究領域は、株式、債券、デリバティブ、通貨、年金・保険商品、不動産などを対象にした資産価格理論、ポートフォリオ運用、リスク管理、投資家行動、金融取引システムの分析と金融制度のデザイン、金融商品の設計、企業財務戦略、会計情報と企業評価、コーポレート・ガバナンス、証券化・金融法規の経済分析などから、マクロ金融政策、国際金融、通貨政策など、非常に広範な分野にわたります。
      各研究領域にはそれぞれ固有のアプローチが存在しますが、CARFでは各領域を貫く経済学のディシプリンを重視した研究を推進します。すなわち、数学・統計手法の高度化のみに偏することなく、ミクロ経済学の最先端分野である「金融経済学」の本来の意義を踏まえた研究を行うとともに、マクロ金融政策、国際金融、金融関連法の経済分析、会計情報の経済分析などの研究をバランスよく進めていきます。

  • 国際的で知的刺激に富む金融研究センターの実現
      第一線の研究者を世界各国から様々な形で招聘します。並行して、アメリカ、ヨーロッパ、アジアのトップ水準の大学や研究機関と研究交流を深め、知的刺激に富む研究センターを実現します。また、充実したコンピューターシステム環境、データベースならびにアプリケーション環境、実験ファイナンス施設などの研究環境を整備し、研究バックアップ体制の充実を図ります。

  • 産業界・金融界や政府系研究機関と連携した研究の推進と研究成果の公表
      CARFは、産業界・金融界および政府系研究機関などから実務家研究者を招き、共同研究プロジェクトを推進します。こうした共同研究プロジェクトの研究テーマは、資産運用技術、金融商品開発やリスク管理など金融機関が直面する実践的な課題から、マクロ金融政策、金融規制の評価、取引システムのデザイン、金融制度の設計などの金融政策課題に及びます。研究成果については、研究論文の発表、定例ワークショップや特別セミナー、国際コンファレンスの開催などの他、インターネットなどでも幅広く公表していく方針です。
Copyright (C) Center for Advanced Research in Finance (CARF)