東京大学金融教育研究センター
Japanese
English
Center for Advanced Research in Finance
お問い合わせ
サイトマップ
サイト検索
CARFホーム
センター紹介
ファカルティ
ワーキングペーパー
リサーチ
世界からのメッセージ
アクセス・マップ
リンク集
センター紹介
あいさつ
 

 東京大学金融教育研究センター(Center for Advanced Research in Finance、略称CARF)は、アジア環太平洋における金融研究の中心的役割を担い、理論的ならびに実践的な金融研究を推進することによって、世界経済およびアジア経済の健全な発展に資することをミッションとしています。この目標を達成するために、CARFは国際的でオープンな研究センターを目指します。
世界経済におけるアジア経済およびアジア企業の重要性が急速に高まる中で、日本の金融・資本市場はアジア経済圏の発展に積極的な役割を果たさねばなりません。高度成長を遂げつつあるアジアの近隣諸国は、いま巨額の資金を必要としています。この成長資金を供給する金融センターとして十分な機能を果たすために、日本市場や日本の金融システムをどのように整備するべきか。そうした金融システムのデザインや政策提言、および革新的な資金運用・資金調達・リスク管理手法の開発を目的とした金融理論研究は、CARFの最も重要な研究テーマになります。また、過去の日本型金融システムの成功と失敗をミクロとマクロおよび理論と実証という多面的な側面から研究して、バランスのとれたアジア経済の発展を支援することも、CARFの重要な役割です。
CARFは、このような研究を3つの方針で推進していく計画です。第1は、世界から第一線の研究者を招聘し、最先端の理論、実証研究を推進することです。そのために各国の主要大学・研究機関と緊密な協力関係を結ぶことを計画しています。第2は、産業界や政策当局と連携して、産学共同、官学共同の研究プロジェクトを推進することです。企業、市場、経済の実態に関する実務家の知識・経験や実践的な問題意識とアカデミックな理論・思考枠組みを結合することによって、金融システムを正しく機能させるための政策を構想し、また革新的な金融技術や資金運用・リスク管理の手法を開発することを目指します。第3は、研究を推進していくために不可欠なデータベースの構築です。CARFでは、世界の金融資本市場をカバーする広範なミクロ・マクロの経済金融データ、中でもアジアの金融・資本市場に関するデータベースを充実させ、世界から研究者を集めて実証研究を推進する計画です。CARFの研究成果は、研究論文、書籍、ホームページ、ワークショップ、特別セミナー、国際コンファレンスなどさまざまな形で世界に発信していきます。
CARFは、21世紀のアジアをリードする金融研究を行う世界的拠点として、みなさまのご期待にこたえる活動を実施していきます。

                                               東京大学金融教育研究センター
センター長  植田 和男

 

Copyright (C) Center for Advanced Research in Finance (CARF)