東京大学金融教育研究センター
Japanese
English
Center for Advanced Research in Finance
お問い合わせ
サイトマップ
サイト検索
CARFホーム
センター紹介
ファカルティ
ワーキングペーパー
リサーチ
世界からのメッセージ
アクセス・マップ
リンク集
世界からのメッセージ
 
スタンレー フィッシャー(Stanley Fischer)
名前
スタンレー フィッシャー(Stanley Fischer)
現職
イスラエル銀行(中央銀行)総裁
略歴
MIT経済学博士

シカゴ大学、MITで教鞭をとった後、国際通貨基金(IMF)の要職につく。2002年よりシティグループ副会長、シティグループインターナショナル社長。2005年より現職。
業績
現代を代表するマクロ経済学者で、金融政策とマクロ経済の関係について膨大な研究業績を残している。ドーンブッシュとの共著『マクロ経済学』は、世界で最も多くの人に読まれているマクロ経済学の教科書。
メッセージ
東京大学が金融論とコーポレート・ファイナンスに焦点を当てた新しい教育プログラムと研究センターをスタートさせるというニュースを聞いて、大変喜んでいます。米国では、政府、企業、学界の三者間に健全な交流があり、大学の教授が政府に移動したり、またアカデミズムに復帰したりというようなことが頻繁に起こります。東京大学に新しい研究センターができることにより、このような交流が日本でも一層盛んになることと思います。それは、日本経済の発展に大いに貢献することになるでしょう。東京大学の新しいプログラムは、米国のビジネススクールで行われるコーポレート・ファイナンスの教育と、経済学部で行われる金融政策の教育の両方に力を入れると聞いています。これはとても注目すべき試みです。また、日本を含むアジアの国際金融政策に関する研究を促進しようという計画も、大変重要なものです。 おめでとうございます。この新しい計画が素晴らしい成果をもたらすことを期待します。
世界からのメッセージ トップ
Copyright (C) Center for Advanced Research in Finance (CARF)