東京大学金融教育研究センター
Japanese
English
Center for Advanced Research in Finance
お問い合わせ
サイトマップ
サイト検索
CARFホーム
センター紹介
ファカルティ
ワーキングペーパー
リサーチ
世界からのメッセージ
アクセス・マップ
リンク集
世界からのメッセージ
 
ダグラス T. ブリーデン(Douglas T. Breeden)
名前
ダグラス T. ブリーデン(Douglas T. Breeden)
現職
デューク大学教授(William W. Priest Professor of Finance)
2001年から2007年までデューク大学ビジネススクール・ディーン
略歴
スタンフォード大学経済学博士
シカゴ大学、スタンフォード大学、デューク大学のビジネス・スクールで教鞭をとる。
業績
シャープの資産評価モデルを複数期間に拡張した消費資産評価モデルで有名。彼の名が付いている「スミス=ブリーデン賞」は米国ファイナンス学会が毎年、その年の最優秀の研究に与えられる最も名誉ある賞として知られる。
対外活動
スミス=ブリーデン社の会長ならびに創設者
銀行持株会社であるコリドン・コミュニティー・ファースト・フィナンシャル・グループ会長
債券分野のトップ研究誌として知られるThe Journal of Fixed Income の創刊者兼初代エディター
メッセージ
金融システムは、現在の資本主義に欠かすことのできない社会のインフラストラクチュアです。近年、日本のバンキング・システムが機能不全に陥ったことは世界で広く知られています。これは、金融機関の間の健全な競争の欠如が、銀行経営者を経営とリスク管理上の原理の追求に駆り立てなかったことが大きな原因であったと思います。 経済の健全な成長と発展のためには、金融機関や証券市場の機能を研究することが大変重要です。このたび東京大学に誕生する金融大学院が、アジアだけでなく、世界経済の知的インフラを形成してくれることを期待します。金融研究における知の競争が、世界経済の発展に多大な貢献をすることはいうまでもありません。そのプレーヤーとして東京大学が持てる実力を大いに発揮されることになるでしょう。同時に、東京大学の金融大学院とデューク大学ビジネススクールの間でよい協力関係が築けることも期待しています。
世界からのメッセージ トップ
Copyright (C) Center for Advanced Research in Finance (CARF)