東京大学金融教育研究センター
Japanese
English
Center for Advanced Research in Finance
お問い合わせ
サイトマップ
サイト検索
CARFホーム
センター紹介
ファカルティ
ワーキングペーパー
リサーチ
世界からのメッセージ
アクセス・マップ
リンク集

「証券流通市場の機能に関する研究会」

平成29年9月25日
日本証券経済研究所
東京大学金融教育研究センター

1 設置の目的

 証券流通市場において新たな取引手法や取引の傾向・動きが見られる中、証券流通市場の機能について、学術的な観点から研究・調査を行い、その結果を公表することにより、関係者の理解を深めることを目的として、「証券流通市場の機能に関する研究会」(以下「研究会」という。)を設置する。


2 検討事項

 研究会では、証券流通市場の機能(特に流動性)に焦点を合わせて研究・調査を進めることとし、
当面は、特に株式流通市場を研究・調査対象として取り上げる。具体的な検討事項としては次のよ
うなものがある。
@ 投資ホライズンや投資家の多様性と流動性や企業価値の関係
A 短期主義の功罪
B 経営側における対応と評価(株価・流動性)
C 海外の動向と実態(短期主義への対応策と市場の反応)
D 規制・税制と株式市場の流動性の関係
E パッシブ投資運用等の進展による株式市場への影響


3 構成  

 研究会は、植田和男金融センター長を座長とし、別紙に掲げた委員、オブザーバーによって構成する。
 なお、必要に応じて、委員もしくはオブザーバーを追加し、又は、有識者・市場関係者等に出席を求めることができるものとする。

 

4 研究成果の公表

 当面は研究会は非公開で開催するが、適切な研究成果が得られた時点で、論文あるいはワークショップ等の形で世に問うことも検討する。


以上

 


「証券流通市場の機能に関する研究会」

 

平成29年12月19日現在

 

座  長 植 田 和 男 東京大学金融教育研究センター長
共立女子大学国際学部教授
委  員 祝 迫 得 夫 一橋大学経済研究所教授
斎 藤 大 河 東京大学金融教育研究センター常勤講師
佐 藤 整 尚 東京大学大学院経済学研究科准教授
水 野 貴 之 国立情報学研究所准教授
幹   事 田 代 一 聡 日本証券経済研究所研究員
オブザーバー 大 山 篤 之 金融庁金融研究センター研究官
研 究 所 増 井 喜一郎 日本証券経済研究所理事長
大 前  忠 日本証券経済研究所常務理事
   
ワークショップトップ
Copyright (C) Center for Advanced Research in Finance (CARF)